新元号 令和に込める想い

新元号 令和

れいわ
REIWA

という音の響きから浮かんだイメージは濃いピンクの花弁でした

それもそのはず
引用元の、万葉集の一節には
梅の花を愛でる情景が織り込まれています

四季折々の美しい自然を愛で
その刹那を丁寧に味わって
生きてきた
日本人の心は
昔も今も変わらない

以下
「新版 万葉集 一 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 」より引用

折しも、初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる。
梅は佳人の鏡前の白粉のように咲いているし、蘭は貴人の飾り袋の香にように匂っている。
途中略
昔も今も何の違いがあろうぞ。さあ、この園梅を題として、しばし倭の歌を詠むがよい。


0コメント

  • 1000 / 1000