ただいまセドナ!

1年半ぶりのセドナ。
まさか、こんなに早く戻って来られるなんて夢にも思ってなかった。

今回のセドナは、3家族の旅のツアーコーディネート&通訳として参加させていただくことになりました。

2016年の3月に、一人旅で訪れたセドナの子宮の洞窟という場所で、
産まれる前にワープした忘れられない体験がありました。

自分は宇宙の一部で
ちっぽけだけど、大きな存在だということ。

自分という個体がなくなって、もたれている岩や眼前に広がる景色に完全に溶け込んでしまった無の感覚。
生きているのか死んでいるのかわからない不思議な感覚。
それは、

全ては一つの意識。
ということを体感できた素晴らしい時間でした。


今度訪れるときは、仲間や家族を連れて一緒に来ます。
そう告げて子宮の洞窟を後にしたのも1年半という束の間で、
願い叶って、3家族、9名のメンバーで御礼参りに来ることができました。

ありがとうございます!

0コメント

  • 1000 / 1000